面接に関する注意点

自分をアピールできるものは履歴書や職務経歴書だけではありません。何よりも重要なのは面接でしょう。面接は態度や口調も大切ですが、その前に遅刻だけは絶対に避けなければなりません。

10分前には到着しておくべきですので、それを逆算して家を出ましょう。また、道に迷う可能性もありますので、事前に一度会社まで行っておくと安心です。時間帯によっては渋滞や交通トラブルも考えられるので、それも考慮しておくとより良いでしょう。

そして、面接を受ける直前にトイレを済ませ、身だしなみやニオイのチェックをしましょう。特にタバコを吸う方は面接前の喫煙を控えてください。吸わない方にとってタバコのニオイは気になるものです。

そして、面接では履歴書や職務経歴書で伝えきれなかった自分の魅力をアピールしてください。自分の口で伝えることで、より効果的に伝えられるでしょう。そして、表情ひとつで相手に与えるイメージは大きく変化します。たとえスキルが不十分だったとしても、表情や口調によって採用になるケースは多いのです。しかし、いくらスキルがあったとしても表情や口調がイマイチでは、十分にアピール出来ないこともあるので注意してください。そのため、鏡の前でチェックするようにしましょう。